to top page
2018-07-17
台湾でスタンダード化した日本の年代物歌謡曲
昔の歌をカバーするのも歴史の天使の役割ではないか。
とすれば、以下もその例。

日本の歌謡曲を中国語でカバーした「再会呀港都」で踊る台湾のダンスグループ。


原曲は1956年(昭和31年)発売の藤島桓夫「さよなら港」。
YouTube で「再会呀港都」を検索すると、台湾で広くカバーされているのがわかる。別れの曲だが軽快感があり、同地ではコミカルに歌われることが多い。オリジナルの発売から60年を経たいまも歌われていたり、ダンス曲としても使われていたりするのは、スタンダード化しているからではないか。
台湾で日本の歌が受け入れられている背景としては、日本の占領時代が長かったことが大きいが、どの歌が根付くかはそれぞれの事情。「さよなら港」には、国際性、普遍性のようなものもありそう。国内でもソウル・フラワー・ユニオンや島唄系などマージナルな位置のバンドにカバーされている。

上のビデオは音質がよくないが、こちらは高音質の「再会呀港都」。


じつは台湾土産にもらったうちの一枚がこの许巧盈という歌手の CD で、「さよなら港」のほか、同時代で聴いた人は90歳を超えてるかという「博多夜船」(音丸、1936年)や、それ比べればかなり新しいが記憶があるとしても70歳前後から上に限られる「哀愁の駅」(松山恵子、1964年)など、年代物歌謡の台語版が入っている。
2018-07-15
日本の戦前歌謡が台湾で歌い継がれていること
台湾の女性歌手が歌う「深情難捨」


歴史の天使、ブランキ、ブランキ殺し、上海の春、などのキーワードで検索していて上のビデオにぶつかった。同じメロディで歌詞の異なる「深情難忘」というのもあり、台湾では知られた曲らしい。
関連情報をたどると、オリジナルは1938年(昭和13年)に東海林太郎の歌で発売された「上海の街角で」。

東海林太郎の「上海の街角で」。佐野周二の台詞が入る。


20年以上前のことになるが、台湾土産にもらった数枚の CD で戦前・戦中の日本の歌謡曲が同地で歌い継がれているのは知っていた。やはり同じころ、池袋の台湾料理店に入ったら中国語で歌う日本の歌謡曲が流れているので、女性店員に CD の入手方法などをたずねると、
「お母さんがいないからわからない」
との返事。お母さんとは母親のことか。日本の歌謡曲を聴くという感性が若い女性店員には受け継がれていないことがわかったが、古い歌謡曲を BGM として流す世代がいるのを知って、面白いなと思った。中国語で流しているのだから、聴き手としても中国人を想定しているのだろう。そういうカルチャーが東京池袋で生き残っていたわけである。
ということで終わっていた話なのだが、以来20数年あるいは四半世紀が経過した今朝になって、上のビデオに行き当たった。台湾では引き続き日本の戦前歌謡が歌い継がれているらしいのである。検索のきっかけに遡って言えば、台湾の歌謡界は日本の歌謡界にとっての「歴史の天使」なのではあるまいか。

こんなのもあった。竹笛(八孔簫というらしい)で吹く「上海の街角で」。
子どもの音楽教材にまでなっているとは思えないが。


「ブランキ殺し」や「上海の春」についてはこちら - 永劫回帰の現場 - Magazine Oi!
2018-07-14
戸川純が歴史の天使であること
「われわれは天使である」とベンヤミンが言っている。
では、誰がじっさいに天使なのか。
たとえば音楽家なら、戸川純は天使ではないか。ことに「極東慰安唱歌」の作者として。



従軍慰安婦の歌として聴いた。
唱歌の「唱」が娼婦の「娼」を思わせるし。

知らない人に声をかけられて
ついていったら、娼婦にされてしまった
とても悲しい
悲しくて、つらい
だからわたしは、あの人の名を呼ぶの
好きあっていたわけではないし
ほんとうを言えば、知り合いでさえなかったし
ただ遠くからながめて
こんな人のお嫁さんになりたいと
でも、無理だよね、わたしなんか、とてもお嫁さんには
なれっこありません
そう思っていたのだけれど
それでも、あの人の名を呼ぶの
わたしにも好きな人がいたんだって
いいえ、今も好きなんだって

ねえ、あの雲はどこへ行くの、この雨はいつ止むの
しあわせそうに、わたしがあの人に寄り添っているとして
そんなことを話しかけたりするの

ベンヤミンの言う「歴史の天使」がまだ消化できてないが、これまでの理解では「正史や通説に異を唱える者」といったところか。ただし、敗者の政治利用を専らとする者を天使とは言わない。
ふつうは人権問題、社会問題、政治問題としてとらえる問題を、戸川純は個人の悲哀として(それも戸川自身の悲哀みたいに)受け止めて詞にした。告発ではなく、慰安として。あの人の名を呼ぶと、それだけで心が安らぐの。

元記事 - 従軍慰安婦の歌
2018-07-11
われわれが歴史の天使であるとして
われわれは天使なのだとヴァルター・ベンヤミンが言っている。
なぜ天使なのか、どう天使なのか。
その訳やあり方は、おおよそ以下のとおり。

はじめに次の詩があった。ベンヤミンの友人ゲルショム・ショーレムの「天使の挨拶」。

私の翼ははばたく用意ができている。
帰れるものなら喜んで帰りたい。
たとえ一生ここに居続けても、
私に幸福はないだろうから。

それから、次の絵がある。パウル・クレーの「新しい天使」。ベンヤミンはこの絵を所持していた。


これらの詩や絵に触発されて、ベンヤミンは自らの天使像を作り上げた。曰く、歴史の天使。
「その天使はこんな姿をしているにちがいない」として「歴史の概念について」(通称「歴史哲学テーゼ」)に描かれた歴史の天使のスケッチが以下。

彼は顔を過去の方に向けている。私たちの眼には出来事の連鎖が立ち現われてくるところに、はただひとつの破局カタストローフだけを見るのだ。その破局はひっきりなしに瓦礫のうえに瓦礫を積み重ねて、それを彼の足元に投げつけている。きっと彼は、なろうことならそこにとどまり、死者たちを目覚めさせ、破壊されたものを寄せ集めて繋ぎ合わせたいのだろう。ところが楽園から嵐が吹きつけていて、それが彼の翼にはらまれ、あまりの激しさに天使はもはや翼を閉じることができない。この嵐が彼を、背を向けている未来の方へ引き留めがたく押し流してゆき、その間にも彼の眼前では、瓦礫の山が積み上がって天にも届かんばかりである。(「歴史哲学テーゼ」第9節)

天使はそこに──いまいるところに──とどまって過去とかかわろうとしている。けれども、嵐がそれを許さない。なぜなら、風が強すぎて、天使は瓦礫に触れることさえできず、ただ未来に向かって流されてゆくばかりだから。
では嵐とは? 天使とは? それらによって構成される状況があるとして、嵐や天使は何のたとえなのか。

嵐については、ベンヤミンがその場で答えている。

私たちが進歩と呼んでいるもの、それがこの嵐なのだ。(第9節)

進歩信仰の危うさにベンヤミンは繰り返し言及する。人類は進歩するものだとか、その進歩には限りがないとか、その進歩は停止することがないなどの説は、議論の余地がある(第13節)。すなわち、進歩そのものより、進歩に対するスタンスが問題なのだ。そして、実際にも、

ファシズムに敵対する者たちが進歩を歴史の規範と見なし、この進歩の名においてファシズムに対抗していることに、とりわけこのことに、ファシズムにとってのチャンスがあるからだ。(第8節)

との警告が役に立たなかったことは、その後の歴史に見るとおり。ファシズムに対抗する者たちは、進歩をありがたがるあまり、ファシズムにしてやられた。

もう一つの天使については、そもそもそんなものが存在するのかという問題がある。それも、風にあおられて、たえず未来に向かって押し流されているような頼りない天使が? これについても、「歴史の概念について」の中で答が用意されている。

かつて在りし人びとの周りに漂っていた空気のそよぎが、私たち自身にそっと触れてはいないだろうか。私たちが耳を傾けるさまざまな声の中に、いまでは沈黙してしまっている声のこだまが混じってはいないだろうか。私たちが愛を求める女たちは、もはや知ることのなかった姉たちをもっているのではなかろうか。もしそうだとすれば、かつて在りし諸世代と私たちの世代のあいだには、ある秘密の約束が存在していることになる。だとすれば、私たちはこの地上に、期待を担って生きているのだ。だとすれば、私たちに先行したどの世代ともひとしく、私たちにもかすかなメシア的な力が付与されており、過去にはこの力の働きを要求する権利があるのだ。(第2節)

先行世代にとってわれわれ世代はメシアなのである。
すなわち、天使は存在する。今この世に生きているわれわれが、その天使なのだ。
というわけで、ベンヤミンの説くところを受け入れるなら、現世に生きているわれわれは、先行世代がいつの日かの出現を願っていた歴史の天使なのである。「かすかなメシア的な力」を与えられているにすぎないとしても。

以上、引用はすべて浅井健二郎編訳『ベンヤミン・コレクション〈1〉近代の意味』から。

ところで、先行世代とは?
かれらは何について救われたいと願っているのか。
この項、つづく。
2018-07-03
海水浴場の着替え小屋
海水浴場の着替え小屋、英語では beach hut。
beach cabin、bathing box とも。


beach hut はヴィクトリア朝のイギリスで生まれて、オーストラリア、フランス、イタリアなどに拡がったという。
着替え小屋は漁師の小屋を転用したのがはじまりというが、beach hut に先立って使われていた移動式の bathing machine が固定式に変わったものという誕生経路も指摘されている。

bathing machine については前に言った。

beach hut に対応する日本の施設は、いわゆる「海の家」。
たぶん日本には、個別の着替え小屋はなかった。
その傍証は、岩谷時子のつぎの歌詞。

1960年の世界的ヒット曲 Itsy Bitsy Teenie Weenie Yellow Polka-Dot Bikini の邦題は「ビキニスタイルのお嬢さん」。複数の訳詞があるが、最もヒットしたのは岩谷時子が訳して坂本九が歌った版か。その岩谷訳では、

She was afraid to come out of the locker

という冒頭の歌詞が、

海辺のせまい小屋から
あの娘は出られない

と補われ、オリジナルの「ロッカー」が訳文では「海辺のせまい小屋」と具体的になっている。
欧米圏の聴き手なら locker の一語で通じても、日本では通じないと見て補ったのであろう。つまり beach hut 的なものが日本にはなかったことの傍証とする所以。
それにしても、うまく訳すものだ。
[前の記事]