to top page
2018-02-17
天球の半径
天球の大きさはどのくらいか。
無限ではない。仮想的には無限なのかもしれないが。
天球には月も太陽もその他の恒星も惑星も同じ距離にあるように貼り付けられている。
したがってその半径は、地球と月の距離より短いであろう。
天球の半径は、遠近感が把握できなくなる隔たりということではないか。
だとすれば、半径はそれぞれの生理的事情で決まり、人によって異なる。
というようなことは考えたことがある。

昨日、エクスキュル著『生物から見た世界』を読んでいたら、地平線(Horizont)または最遠平面(fernste Ebene)というのが出てきた。平面と球という用語の違いはあるが、著者のいう最遠平面が上でいった天球にあたるのではないか。
著者はこの最遠平面を20メートルほどの前方に感じたことがあるという。それは重いチフスから回復してはじめて外に出たときのことで、壁紙のように垂れ下がった最遠平面の上に、目に見えるものがすべて描かれていた。20メートルより先には遠いも近いもなく、小さなものと大きなものがあるだけで、著者のかたわらを通り過ぎる車も最遠平面に達するや、それ以上遠ざかることはなく、ただ小さくなっていった。

根拠は挙げられていないのだが、著者によると観察者からこの地平線=最遠平面への距離は、乳児では10メートル以内。
成長につれて最遠平面を広げることを学習し、おとなでは6キロから8キロに達する。

著者が紹介している生理学者・物理学者ヘルムホルツの幼時の体験。
ポツダムの陸軍教会のそばを通ったおり、その回廊の上に数人の労働者がいるのに気づいたヘルムホルツは、「あの小さな人形を取って」と母親にせがんだ。教会と労働者は彼の最遠平面上にあり、遠くにではなく小さく見えたのである。

小林一茶の句に、
   名月をとってくれろと泣く子かな
とある。この子の最遠平面もごく近距離にあり、おとななら手が届きそうに思えたのではないか。
すなわち、最遠平面が生んだ句。

英語にも「cry for the moon」というのがある。
これも、じっさいに月を欲しがる子どもがいることに由来する表現ではないか。
人は絶対に手に入らないようなものを欲しがったりはしない。
手が届きそうなところに見えるから欲しがってわめく。

結論。天球の半径は人によって異なるが、おとなでは一般に6〜8km。
2018-02-02
そのうちそれは歌になる

元詩 - それから不意に前かがみ
2018-01-17
ブロッコリー
自分はスーパーの野菜売り場でブロッコリーを見ていた。
買うつもりはなく、なんとなく眺めていた。
そこに女客が近づいてきて立ち止まり、ブロッコリーを見て「ブロッコリー」とつぶやいた。
それを聞いて自分も「ブロッコリー」とつぶやきそうになった。

ブロッコリーを見て「ブロッコリー」とつぶやく女も可笑しいが(子どもならやるだろう)、
つられて「ブロッコリー」と追従しかけた自分もかなり可笑しい。

[追記] 漫画化した。
2018-01-11
あのころ地上でご機嫌よう
「そのころ地上では」
と当時は同時進行形で言ってたのだが
とうに時は流れて
それを言うなら、あのころ地上では



あのころ地上で Onion が
「楽になったか」
「なった、なった、楽になった」
「どう楽になったか、触れて回ってもらおうか」
というわけで、あのころ地上では
Air を呼び出すと、Onion が返ってきて
何を言い出すかとおもえば、いきなり
「では、さようなら」
そう来たならば、こちらとしても
Air の弦をたずね出し
なんだかんだの経緯はひとまず
あのころ地上でご機嫌よう

2018-01-07
自由意志はあるかという問題。そんなものは…
自由意志はあるかという問題。

そんなものはなさそう──と、この実験は示唆している。

自由意志というものは、あるのかないのか。
どちらかというと、無いのではないか。
けれども、あってもなくてもたいした違いはない。
もし自由意志があるとすれば、それはそれでそういうものだろうし、もし自由意志というものがないとしても、それでも自由でありたいとじたばたするのが人間だから、結局のところあってもなくても同じ。

人は自由であるべく呪われている──と誰か言ってなかったか。サルトル?
もし誰も言ってなかったとすれば、それを言ったのはわたしです。

[追記] やはりサルトルだった。
- ジャン=ポール・サルトル - Wikipedia

ただし、表現は同じでも、言おうとしたことはだいぶ違う。
目下の自分の考えにあわせて言い直せば、人は自由であるべく騙されている。
つまり、騙されているゆえに自由である。
[前の記事]