Magazine Oi!
2016-12-05
マタイ乱視説・続き
エルサレムに近いオリーブ山のふもとで、イエスが二人の弟子に命じる。
むかいの村に親子のロバがいるから連れてくるように、と。
弟子が二頭のロバを引いてきて、自分たちの衣をその上にかけると、イエスはロバに乗ってエルサレムに入る。
これは「マタイ伝」の第21章にあるエピソードだが、この話ではイエスが親と子のどちらのロバに乗ったのかわからない。
「マタイ伝」以外の三福音書では、弟子たちが連れてきたのは親子のロバのうち子のロバだけ。
したがってイエスが乗ったのも子のロバなのだが、「マタイ伝」では判然としない。
なぜマタイはそんなあいまいな書き方をしたのか。
ラファティの短編にもどっていえば、乱視のせいで一頭のロバが二頭に見えてしまったのか。

イエスがガダラ人の地に入ったときのこと。
悪鬼に憑かれた二人の者が墓から出てきて、「われわれを責めようとしてここに来たのか」とイエスに問い、「自分たちを追い出すなら、むこうにいる豚の群に移してくれ」という。
そこでイエスが「行け」と命じると、悪鬼らは自分たちが憑いていた二人の者から離れて、豚の群に移る。悪鬼に憑かれた豚の群は崖から海に駆けおりて死んでしまう。
このエピソードは「マタイ伝」の第8章にある。
「ガダラの豚」として知られるこの話でも、「マルコ伝」や「ルカ伝」では悪鬼に憑かれていたのは一人だが、「マタイ伝」のみ二人になっている。二人である必然性はなく、一人のほうが話がすっきりするのに、なぜマタイは二人にしたか。
付。悪鬼の名レギオンは、「マルコ伝」、「ルカ伝」に記されている。

イエスが村や町を巡っていると二人の盲人が「われらを憐れみたまえ」と叫んでついてくる。
イエスが二人の目に触れると、彼らの目が開く。
これは「マタイ伝」第9章にある話。
同様のことが第20章でも、やはり二人の盲人に関して起こる。
他の福音書でも、イエスが盲人の目に触れたり泥を塗ったりすると盲人の目が開くエピソードが各所にあるが、どの場合も盲人は一人。なぜ「マタイ伝」のみ二人なのか。

二頭のロバ、二人の狂人、二人の盲人、「マタイ伝」におけるこれらの存在はささいな誤記・訛伝の類なのか、それとももっと深い何かがあるのか。たとえていえば「乱視」だが、「マタイ伝」作者の思想性にかかわる問題であるような気もする。

「マタイ伝」には「ヘロデ王」も二人登場する。一度目は、新たな王(イエス)の誕生を察したヘロデ王が二歳以下の幼児を皆殺しにするエピソード、二度目は娘のサロメに求められて預言者ヨハネの首を斬るエピソード。
これらのエピソードが事実にもとづいていたとすれば、最初の「ヘロデ王」は「ヘロデ大王」と称された人物、二人目は王の称号を許されなかったとされる領主「ヘロデ」が対応し、いちおう辻褄はあう。
けれども書中での表記はどちらも「ヘロデ王」。
このへんにも「マタイ伝」作者の乱視性の一端が出ているのではないか。
作者の心の中で、父(神)と子(イエス)の二重性または同一性みたいなものが整理できずにわだかまっていて、そのことが「マタイ伝」の記述に反映しているという解釈もできそうな気がする。
2016-12-04
記事タグに「乱視」を追加
自分は自分の一人称に「自分」を使うことが多い。
でも、一定しない。自称に「自分」を使うと、他人の自己をどう表現するかで迷うことになるのも一因。

きのうの記事では「おれ」を使った。
かの乱視族の、おれも一員に違いない。
書いた後で、居心地の悪さみたいのが残った。
でも、「わたし」に変えても同じことだろう。やはり「自分」にすべきだったか、等。

これまでに使ったことのある自称。
自分、おれ、俺、わたし、あたし、わたくし、私、ぼく、僕、その他。

なぜ、自称が定まらないか。
アイデンティティの不安定が主因であることは間違いない。

下層の若い男の子たちと話してると、自称に「自分」を使う子が多い。
自身の両親(または片親)のことは「親」と言う。
彼らも確たるアイデンティティを持てずにいるのではないか。
「親」という言い方も、親子関係の不確かさを思わせる。お父さん、お母さん、父、母、おやじ、おふくろ等なら、より親子関係の具体性が感じられるのだが。

Wikipedia を見てたら、レゲエの歌詞についてこんなことが書いてあった。
非一貫性/意識の二重性
レゲエの歌詞には「ルードボーイ」、「ラガマフィン」、「ギャングスタ」、「バッドマン (en)」など不良や悪漢を意味する語がしばしば現れる。ルードボーイとラスタは必ずしも対立する概念ではなく、実際には多くのアーティストがルードボーイであり同時にラスタでもあるが、そのような非一貫性はレゲエの歌詞に頻出する主題の一つである。
例えばジミー・クリフの楽曲「ザ・ハーダー・ゼイ・カム (en)」では、曲の前半で生ある内の救済を希求しながら、後半ではむしろ死による救済を願う内容になっている。(中略)
しかしながら、アフリカン・ディアスポラと植民地時代の奴隷経験によって培われたこの非一貫性、二重性は必ずしも(特にジャマイカの)レゲエアーティストの中で矛盾として受け取られておらず、レゲエの歌詞の特徴の一つとなっている。
- レゲエ - Wikipedia

非一貫性、二重性。おれだけではないし、あなただけでもないわけだ。
この二重性は、先日書いた乱視性と似ている。もしくは同じもの。
一つのものが二つに見えたり、逆に二つのものが重なって見えたり。

というわけで、記事タグに「乱視」を追加した。
2016-12-03
ハイレ・セラシエ二世の誕生
I 世がいるからには II 世もいるはず。そしてその II 世はレゲエのミュージシャンか、さもなければアルバム名。──そう思って YouTube や Google を検索したが、それらしいものが出てこない。

Twitter には Haile Selassie II を名乗るユーザーが6人いたが、どのアイコンも見おぼえがない。
わかったのは、そうか、自分はハイレ・セラシエ二世をイメージで記憶していたのだな、ということ。でも、これらの Twitter ユーザーは自分の探していた二世ではない。

いろいろ探しまわって、ハイレ・セラシエ二世なんていないのではないか、いつものよくやる勘違いだろうと思いつつ、"Haile Selassie II" とクオートしてフレーズ検索。
すると、Google 検索の1ページ目に出てきた。
あきれたことに、いや、たいしてあきれもしなかったのだが、自分のブログの記事だった。
- Haile Selassie II

どうしてこのエントリーのタイトルを Haile Selassie II としたか。
その手がかりは、意味不明に近い次のテキストのみ。

単純なベースライン。リバーブとディレイ。
コラージュによる二世の肖像。→ ジャケット。
皇帝。帝国。パピヨン。ディア・ハンターのクリストファー・ウォーケン。ブランキ。
帝国気分、としておく。

さすがに自分の書いたものだから、まったくの意味不明というわけではない。
たぶん、「ハイレ・セラシエ二世」あるいは「帝国」とでも題したアルバムを作ろうと考えて、メモしておいたのだろう。
思いついただけで、たちまち忘れられた計画の残骸。

というわけで、ハイレ・セラシエ二世は我がブログにおいて2010年に誕生と判明。
かの乱視族の、おれも一員に違いない。
2016-12-01
ハイレ・セラシエ、ハイレ・セラシエ
ハイレ・セラシエ、ハイレ・セラシエ
ハイレ・セラシエ、ハイレ・セラシエ

どんな言葉も、文句も、名前も、繰り返せば呪文になって
だから、ハイレ・セラシエ、ハイレ・セラシエ
朝の目覚めぎわに、ハイレ・セラシエ、ハイレ・セラシエと呟いていて
おれ、黒人てわけじゃないのに
おれ、救世主なんか求めてないのに、いらないのに
ジャマイカ生まれとかジャマイカ育ちとか
そんなわけではないというのに、ハイレ・セラシエ

ハイレ・セラシエ、ハイレ・セラシエ
ハイレ・セラシエ、ハイレ・セラシエ

さて、そのハイレ・セラシエ、その I 世とは、
Haile Selassie I、1892年7月23日-1975年8月27日
エチオピア帝国最後の皇帝、在位1930年11月2日-1974年9月12日
エチオピア南部のショア地方の貴族の子として生まれ、
血縁上はアドワの戦いで名を馳せた英雄メネリク II 世の従兄弟の子。
幼少のころより聡明で、若くして各地の州知事を歴任、
記憶力が優れ、晩年に至っても重要事項について全てを暗記していて、
メモの類を一切必要としなかった。

それからさらにいろいろあって、もちろんその前にもいろいろあって
即位前の名をラス・タファリ・マッコウネン
その名前を取って崇拝者たちのことをラスタファリアン
ジャマイカを中心とする黒人運動ラスタファリにおいて、ハイレ・セラシエ I 世こそ
救世主プレスター・ジョンの再来であると
神(ジャー)の化身であると
地上における三位一体の一部なのだと
「黒人の王が即位する時のアフリカを見よ。その人こそ救世主となるだろう」
そんな予言があって、その3年後に即位
アフリカ大陸を統一し、離散した黒人のアフリカ帰還を告げる救世主として
南北アメリカ大陸の黒人たちから崇められ

ハイレ・セラシエ、ハイレ・セラシエ
ハイレ・セラシエ、ハイレ・セラシエ

ところでどこかに、ハイレ・セラシエ II 世がいたと思うが、
ミュージシャンの名前だったか、あるいはアルバムの名前だったか。
いや、そんなことにかかわりなく、I 世がいるのだから II 世だっているはずと、
思い出そうとしたり調べたりするうちに、
ああ、それだったのか。
これだったとは。
いや、II 世ではなく、話は I 世にもどるのだが、
1966年、ハイレ・セラシエ I 世はジャマイカを訪れる。
民衆の熱狂的な歓迎に、
皇帝自身が動揺するほどだったとか。
その後、エチオピア南部の街シャシャマネのマルカウォディャ地区に、皇帝からその地を与えられたジャマイカ移民約200人が、エチオピア人のラスタファリアン約200人と共に住むと聞き、
ならばと個人史をたどってみたら、
沖縄を出たのがいつだったか、あまりに昔すぎて思い出せないが、
それからたぶん、横浜の港から移民船で出航して、
どこをどう巡ったか、やがてジャマイカに上陸。
そこからさらにエチオピアへと、
運やら人やらに誘われるまま、流されるまま、
住みついた先が、上記マルカウォディャ地区という。
どこかに──いまもエチオピアに?──そんな一生をやった者がいて、
今朝の寝床でハイレ・セラシエ、ハイレ・セラシエと、
そいつがおれに、呟かせたのではなかったか。

そして、そんな騒然とした雰囲気の1974年9月2日早朝、
皇帝はアディスアベバの宮殿内で陸軍のクーデターにより逮捕・廃位され、拘禁中の1975年に死去。
後のエチオピア初代大統領メンギスツによる暗殺という。

ハイレ・セラシエ、ハイレ・セラシエ
2016-11-28
耳の長い黄色い兎
耳の長い兎がいる。
兎だから耳が長いのか、それともこの兎に限って長いのか。
そのへんが判然としない。色は黄色い。

どうして入れられたかきいてみる。
石の牢の窓越しの会話。窓にほそい鉄格子がはまっている。
「見ればわかるだろ」と兎がいう。
見てもわからない。耳が長いせいだろうか。
「耳が長いくらいじゃ、引っ張られたりしないよ」
引っ張りやすそうな耳だが。
「手が長いからとか、足が長いとかで逮捕されないのと同じさ。おれたちにも人権みたいのはある」
では、黄色い兎だからか。
「たしかに、黄色だったり黒だったりすれば捕まりやすいが、その答もハズレだ」
じゃあ、なんで?
「だから、見ろって」と兎は前肢をあげる。
見ても指は人並みに五本そろってる。これでは嫌疑をかけるに当たらない。
「ちがう、ちがう。外を見ろ」
そういわれて、やっと気がついた。
窓枠の上に金属のプレートが貼り付けてあり、「債務不履行」と罪状が記されている。
なるほど、経済犯の収容棟だったのか。
「あんた、シティーの人だね」と兎がいう。
それこそ見ればわかることで、山高帽にステッキをたずさえた紳士が市場が開く前に道を急いでいればシティーの関係者だと見当はつく。それどころか、貨幣の変動幅はおおかたの他の商品の変動幅より大きく、ときには借り入れが過度になったり、逆に貸し付けが過度になったりして、激しく騰落する。わたしが監獄の中庭に迷い込んでしまったのも、家を出るのがいつもより遅れてあせったためで、われわれは貨幣の価値を一時的に支配することはできても、永続的な支配は可能ではない。言い換えると、平均値からの変動幅を一時的に操作できても、平均値そのものの支配はできないのだ。わかるかな、兎に。
「なるほど、そういうことか」と兎は納得したようだった。
「残念ながら、そういうことだ。われわれも万能ではないんでね」
「では、ささやかな頼みを一つ」
「なんだね」
「今度とおりかかったら、ヤスリを一本置いていってもらえないか」
差し入れてやってもいいような気はした。
「金属ヤスリかね」
「それが望ましいですな」

よく知られているように、イングランド銀行の理事は職業銀行家であってはならない。また今日のイギリスで手形を発行するのは地方銀行だけであって、ロンドンでは主要な送金業務は銀行家の手からすでに離れた。それらのこともあって、今も記憶のすきまに耳の長い黄色い兎がはさまっている、栞みたいに。
[前の記事]