Magazine Oi!
2017-02-07
月蝕
ドアのすきまからでも入ったか、気がつくと枕もとに月蝕がいて、何食わぬ顔で、
「こんばんわ」
それきり黙ってるから、
「こんばんわって、おまえなあ、ひとの家に忍びこんだら、まず名乗るのが先だろう」
と言ってやると、
「さあ、どうでしょう、あいさつが先ではないですか」
なんか面倒なやつが来たと思うが、まあ来てしまったものはしかたない。
「あのな、おまえはしらばくれるつもりかもしれないが、満月の晩に薄ぼんやり暗いのが枕もとに立ったら、そいつは月蝕と相場は昔から決まってる。もう正体は割れているのだ、恐れ入ったか」
すると、返事は、
「いいえ恐れ入りません」
どうやら我を張るやつらしい。
「恐れ入らんのかね」
「入りませんとも。なぜなら自分は、旦那は勘違いしてるようだが今夜の月蝕ではなくて、ほら三年前、あの田舎道で会ったあの月蝕なんです」
「なんだと、あの田舎道の月蝕だ? するとおまえは、あの田舎道のあの月蝕か。どうもどこかで見たようなやつだと思った。おまえが今夜の月蝕なら、初対面だからわかるはずはない。そうかそうか、あの田舎道の月蝕か」
「はい、あのときの月蝕で。どうもお久しぶり」
「そうか、あの田舎道の」
そうとわかれば、当然そのおりの不愉快な気持はよみがえる。
「よくもまああのときは、ひどい目にあわせたな」
「いえ、そんなつもりはなかったんです。ひどい目だなんて、あれも行きがかりで」
ごたごた言い訳めいたことを月蝕はつづけたが、そんなことでこちらの怒りはおさまらない。
それから月蝕と交わした会話というか罵り合いの内容は、三年前の傷にさわるんでいまは省略させてもらうが、腕力沙汰にこそならなかったものの渾身でわめきあったから、明け方には二人ともふらふら、ようやく月蝕のやつが黙りこんだから、こちらもうとうとしかけたのだが──
小一時間もねむったか。
目をさますと、入ってきたときは薄ぼんやりしてた月蝕が、こちんこちんに固まって大きさは大きめのアワビほど、滑らかに黒光りして捨てるのも惜しいから、その後は文鎮がわりに机の上に置いて、ときどきハタキでほこりを払っているが、たまにハンカチで磨いてやると、
「キュー」
と悲鳴みたいのが洩れることがあって、こいつもかなり煮詰まっていたらしい。
2017-01-28
ウスクダラ
ゆうべウスクダラ
夢にはるばるたずねた町は
赤い夕陽に黄色い犬が
遠くさびしく吠える町
恋の都と聞いたのだけど
2017-01-23
それは恋
ちょっと寒くて
こころぼそくて
雨のしとしと降る晩に
恋は曲者
忍び寄る

そうなのよ
忍び寄ったのは私だって
みんながいうけど
忍び寄ったのは私じゃない
忍び寄ったのは
それは


こぬか雨降る春の夜に
陰火を一つ、二つ、三つ
私が連れていたって
ひとはいうけど
私は連れてなんかいなかった
連れられていたのが


恋の陰火に連れられて
やさしい雨の降る道を
傘をくるくる急ぎ足
いいえ
私は
急いでなんかいなかった
傘も回していなかった
急いでいたのは
はしゃいでいたのは
それは

私ではありません

そぼ降る夜道をひっそりと
片手に傘
ふるえる胸を
片手できつく抱きしめて
たどっていたのは

ええ、私です

でも、それは
いとしいお方と逢えるのかとか
嫌われてるとか愛されてるとか
そんなことではなかったわ
私がふるえていたのは
ただ寒かったから
恋のせいではありません
恋にふるえていたのは
雨の夜の
ちろちろ燃える
陰火だけ
それは
私ではありません
2017-01-21
男同士の相合傘かと…

画像検索でヒットした男同士の相合傘。歌舞伎の場面らしいがなんの芝居なのかと、さらに絵師の名前「国周」で検索したら上のサイトに行き着いた。
豊原国周、明治3年(1870)の作。
描かれているのは、細川勝元役の沢村訥升(二代目)と鞠ヶ瀬秋夜役の市川左団次(初代)。
演題は Kusunoki Ryû Hanami no Makubari。

「はなみのまくばり」で検索したら、こちらがヒット。
本作は、初演時には時代設定や登場人物の背景が室町時代のそれに倣ったものになっていたことから、二代目河竹新七はこの作品をすくなくとも初演の数年前から書きはじめていたことがうかがえる(江戸時代には幕府を批判するような台本は書けなかった)。初演後はすぐに、時代設定・登場人物ともに実録風に改訂されている。
- 樟紀流花見幕張 - Wikipedia

ウェブコンテンツの豊かさもたいしたものだが、ここまで連れてきてくれる Google 検索もありがたい。
これで、「細川勝元」とあるのは「松平伊豆守」の名が出せなかったため、また「鞠ヶ瀬秋夜」は「丸橋忠弥」の音をかよわせたものとわかる。
というわけで、相合傘といった色めいたものではなさそう。
2017-01-21
相合傘図における男女の位置関係
浮世絵などの相合傘図では、男が女の右側にいることが多いという説。
古来我国の絵画に現はれた相合傘の絵は、殆んど云ひ合はせたやうに向つて女が右、男が左──勿論、此反対のものも沢山あるけれど──に描かれて居る。これは我国に於ける男尊女卑の習慣──常に男は女の右方に位する──が期せずして其時代々々の画家の彩管に反映した証拠ではあるまいか。
- 国立国会図書館デジタルコレクション - 貞操帯秘聞 : 民俗随筆

Google の画像検索で「相合傘 浮世絵」を検索すると、次の11点が拾えた。ほかにも相合傘を描いたものがあるが、それらは男同士、女同士、母子、主従の関係なので除く。

11点のうち、男が女の右側にいるのは次の8点。


逆に、女が男の右側にいるのは次の3点。ただし、真ん中の図は、男女関係というより主従関係かもしれない。


画像検索で調べた限りでは、8対3または8対2で男が女の右側にいる。はじめに引いた『貞操帯秘聞』の指摘は当たっているのではないか。

引用文後半の「男尊女卑」説については保留。
よく言われるように、歌舞伎や人形浄瑠璃の外題では、お染・久松、お初・徳兵衛、夕霧・伊左衛門のように、女性名→男性名の順に記される。女性を大切なものとし、尊ぶ気持の現れと見ることもできる。

この二つは、歌川国芳「荷宝蔵壁のむだ書」に書き込まれた相合傘の落書き。
右から左へという日本語縦書きの原則に従えば、どちらも女性名→男性名の順で書かれたと見なせる。人名を列挙する場合、ふつうは上位の者の名から書くから、このケースでは女(お染、お仲)が男(久松、清七)より尊ばれている。
で、女を男の上に置くと何が起こるか。男が女の右側に立つことになる! 相合傘の下の二人を、文字の代わりに絵で示せば、このことはもっと飲み込みやすいだろう。
二つの例だけ(それも同じ国芳の絵)からの推論だから、これを結論とするわけにはいかないが、「男が女の右側にいるのは、女のほうが尊いから」との説も成り立ちうるから、上の「男尊女卑」説については賛否を保留する。

浮世絵の相合傘図は歌舞伎を材料にしたものが多い。
歌舞伎の舞台では、身分の上の者が上手(客席から見て右側)にすまうから、その意識的・無意識的影響があるかもしれない。

向かって右側が上位者である例。ひな壇の場合。
右大臣、左大臣の名称は、内裏からみた方向を表していて、実際には向かって右側が左大臣、左側が右大臣。
- 雛壇での、左大臣、右大臣の位置関係が知りたい。右、左どちらにおくか。向かって、なのか。 | レファレンス協同データベース
[前の記事]