to top page
トマトは種を抜いてから食え
なんて今ごろ教えられても
すでにトマトは、腹の中で芽を出して
根も張って、とっくに手遅れ
- トマト男
2005-08-27
花子の歌
この「花子の歌」は数年前にできた詩で、書くのにあわせてメロディがついてきたから、一人で歌ってたんですが、音楽のことを知らないから楽譜にできない。
思い切って友人たちに聴いてもらったら、譜面を起こしてくれ、MIDIまで作ってくれた。感謝。

» 楽譜 (.doc)
» 音源 (.mid)

近江なる
野路の玉川白萩の
花の盛りの秋の夜に

忍び来て
逢うたは焦がれしあのお方
蛍群れ飛ぶ秋の夜半

抱(いだ)かれて
猛(たけ)きみ胸に頬よせて
結ぶ夢さえなお熱く

巡り来て
月に白萩乱れても
恋しお方の影いずこ

[05-08-28 追記]
ドラム入りバージョン届く。
» 音源 (.mid)
ラテンに合うという人もいるので、そのうちラテンバージョンができるかもしれない。