Magazine Oi!
2010-02-12
山椒魚時代
眠れない夜は「山椒魚戦争」を読む
今の時代の聖書だな
それでも寝付けないときは
着替えて、放送局に行ってみる

連中ずいぶん張り切ってるよ
とくに昨夜は

「ハロー、ハロー、ハロー! 山椒魚総統が話されます。人間のみなさん、放送を中止してください! みなさんの放送を中止してください! ハロー、山椒魚総統が話されます!」

これだもんなあ
政府が自信を持ってるから勢いが違う
人間のみなさん、放送を中止してください!
山椒魚の放送局とはいえ
末端のスタッフまで動きもよくて働きもよい
それに引き換え
なまっ白い二本の腕や
軽薄な二足歩行で
公共の場をうろついてる俺ときたら
まずいよなあ
新政権のもとで
多少はましなポジションに着こうと思ったら
山椒魚語もできなくてはまずいし

サラマンダー、サラマンダー

とかつぶやいても
いい考えが浮かぶわけでもないし
それと、こういう話は
どうしてもその時々の政治情勢と対照させて
風刺みたいに読まれてしまうのだが
せっかくのノンフィクションなのだから
人類は滅びて
山椒魚の時代となりました

サラマンダー、サラマンダー