Magazine Oi!
2011-03-18
へんなことを思い出した。忘れていたわけでは…
へんなことを思い出した。
忘れていたわけではないから、思い当たったというべきか。
自分は福島で生まれた。
そこが今度の地震の被災地であることに、今日気づいた。
自分が生まれた土地であるということと、メディアを通じて入ってくる福島の現実が、
別のレイヤにあって、つながっていない。

似たようなことが人生でいくつもある。
渋谷は人生で三度縁があった。
仕事で行ってた時期があり、住んだことがあり、別の理由で通ってたこともあるが、
それぞれの時期が、やはり別レイヤにあって、
人間関係も商業施設の利用なんかも、まるでつながっていない。

沼袋には二度住んだ。ごく近いところに住んだのだが、
思い出とか人間関係とかつながっていない。

池袋には長く住んだ。そこも人生で二度縁のあったところなのだが、上に同じ。

それより、今。
今住んでいるのは、自分が物心ついたときから小学校一年まで暮らした土地なのだが、
そして、以前住んでいた家とそう離れた場所でもないのだが、
知り合いもいないし、有機的なつながりが何ひとつない。

理由は今ではわかってる。情が薄いのだ。