Magazine Oi!
2011-04-08
弁天
だから、あんたは
と、また弁天様に叱られてるわけだ
だから、あんたは、馬鹿なのよ
と、当然そのように続く
たしか、あんたは
はい、はい、わかってますよ
たしかに姐さんの言うとおり
先週おれは馬鹿でした
そのせっかくの馬鹿の自覚を
忘れてどうする
そう言いたいんですね、姐さんは
だけど、考えてみてくださいな
馬鹿の自覚をわすれた馬鹿は
ほんものの馬鹿だから
それはそれでいいんじゃないの

グシャっとか言ってみる、愚者です

あのね、弁天といったら
詩と歌の神様だよ
そのあたしの言うことを
へらへら笑って聞き流していたら
いつまでたっても馬鹿ですよ
はい、はい、そのとおり
だからおれは、ほんものの馬鹿なわけで
それはそれで…

グシャっとか言ってみる、愚者です
おれはいつものように悲しい