Magazine Oi!
トマトは種を抜いてから食え
なんて今ごろ教えられても
すでにトマトは、腹の中で芽を出して
根も張って、とっくに手遅れ
- トマト男
2011-06-10
Wiru の栗の木
火の胸と肉汁の食事 (soup tower) 、周囲の染め色
私は祈る、祈りに目を添付する
しかもビームは無花果の帽子
動作が目立つ who、裸の署名と Masuru の柔術

寒さと空腹、外では、男は good molar
名前のない病気、ただし后刻 (後) の婆さん (老婆) は
柿色 (腎臓の bullshit) に乾燥して
こんにちは、ある雑音は、鼻にかかった声をしている

ドンは昨日、Wiru の栗の木に男を吊るし
避けてください、(s) だけに病気徹宵てんかんも Wiru
祈り (饗宴接着) ちょっとの古い弥撒
コレクションは表面痛み、一本の木は盲目の混雑

ソウの雑音はすべての最後の一つは必要なすべての濡れた
着用無限の悲しみのスーツのように
Wiru の栗の木、Tegozaru の灰のガラス絵
解は (私がして、Ben Rose を検討) 及び (Waru ではない図)