Magazine Oi!
2011-06-25
悲しい詩
ふう、疲れてる
疲れてると書けない
悲しい詩も
虚無の詩でさえも
気力がなくては書けない

誰かが悲しい詩を
書いたり歌ったりしていたら
それは、そいつが
元気な証拠だ、嘘つきめ