Magazine Oi!
トマトは種を抜いてから食え
なんて今ごろ教えられても
すでにトマトは、腹の中で芽を出して
根も張って、とっくに手遅れ
- トマト男
2011-09-20
鴉天狗

鴉天狗 by oiteke

※上のトラックは削除しました。修正版はこちら。- 烏天狗(修正版)

[歌詞]
鎌倉のどこかの寺に
鴉天狗となって
棲みついてるんだが
どんな悪さをしたいのか
時と所を得ながら
まだわからないでいる

寺の上を行く雲を眺めながら
まだ途方に暮れている
羽もあって、飛べるのに

[ノート]
去年できた曲。詩は一昨年。
はじめにピアノをテキトーに弾いて伴奏を作った。
それを聴きながらテキトーに歌った。
忘れていたが、これができたとき、ひとつ掴めた感じがあった。
鼻歌シンガーとしては、ポツンポツンと鳴ってる程度の伴奏で足りる、ということ。
音楽でいつまでももたついてるのは、物事を複雑にしてしまうため。
できないことをやろうとするな。気にするな。