Magazine Oi!
トマトは種を抜いてから食え
なんて今ごろ教えられても
すでにトマトは、腹の中で芽を出して
根も張って、とっくに手遅れ
- トマト男
2011-10-17
一角獣
国境の麦畑を
ジャンがやってくる
国境の麦畑には
一角獣がひそんでいるはずと
ジャンはいま察したところ
けれど真理を知ったものが
どんな顔をするかといえば
そんなことを知ったという事実に驚いて
でも、大きな驚きではない
少し呆(ほう)けた顔をして
あると察した真理のあたりを
焦点不確かにながめるだけ

そして一角獣が
ジャンの前に姿を現すことはない
真理の在りかを知った男と
真理そのものである私が
出会ってしまったら
なんだか可笑しいではないか

静けさとは
ジャンよ、おまえも
どんなものか知ってるだろう
静けさとは
音のないことではない
空にヒバリが鳴き
麦の穂をなでて風がわたり
どこかで水車が軋(きし)んでいて
陽光のそそぐ音さえ聞こえそうな
それが静けさというもの
幸運を、よい旅を

BGM: 国境の麦畑