Magazine Oi!
2011-11-25
殺し屋
映画館に入る
ノワールの殺し屋となって
スクリーンに登場する
むふふ
含み笑いをしながら
映画館を出る
誰も俺が
端役の殺し屋だったことを
知らない
むふふ
満足感みたいなものが
胸に広がって
街いっぱいにも広がっていって
俺は幸せかもしれない