Magazine Oi!
2012-01-15
水菓子屋
手をつないで水菓子屋を出た
「それでは、ごきげんよう」
「それでは、ごきげんよう」
あいさつをして右と左にわかれる
不思議なことに洋杖が鼻へ触りさえして
「豚はころりと、豚はころりと
 谷の底からよせばよかった
 舐められて、山門の甍を隠す、餅や」(
そんな歌を歌いながら帰った
今度また手をつないで
水菓子屋から出てくる日まで