to top page
2013-04-28
自分を物語の中に位置づけること
Boing Boing 経由で回ってきた詩。


- nossidge • i am the path along unseen heather Snowball...
  • 1行1ワード。
  • 各行は前行より1文字長い。
  • 素材テキストは Project Gutenberg から。
  • 手法はマルコフ連鎖。
  • ツールは C++。
そういう詩だという。

ウリポ(Oulipo)という文学運動があったそうで、その真似事だという。
ウリポ(Oulipo)は、1960年11月24日に数学者のフランソワ・ル・リヨネーを発起人として設立された文学グループ。正式名称は「Ouvroir de littérature potentielle 」(潜在的文学工房)。アルフレッド・ジャリ、レーモン・クノー、レーモン・ルーセルらの文学を理想とし、言語遊戯的な技法の開発を通して新しい文学の可能性を追求した。引用したテクストを機械的・数学的な手法で変形・改竄してテクストの自己増殖を促すところに特徴があり、シュルレアリスムの「優美な屍骸」から大きな影響を受けている。
- ウリポ - Wikipedia

いや、自分も知らずして同じようなことをしてきたんだけどね――と、そういう話ではない。
出来からいえば、おれの詩のほうがいい――そういう話でもない。
自分がしてること、自分の作ったもの、それをわかりやすく人に提示すること。
人を不安にさせないこと。
自分が何者であるか明らかにしておくこと。
だけど、それって「お話」なんだよな。
自分をわかりやすい物語のなかに位置づけて人に示すこと。
化粧、宣伝、コンセプト。