to top page
トマトは種を抜いてから食え
なんて今ごろ教えられても
すでにトマトは、腹の中で芽を出して
根も張って、とっくに手遅れ
- トマト男
2016-03-07
小林一茶
信州でパルチザン発生の報。
「一度目は悲劇として、二度目は喜劇としてだったかな」知らないふりでニヤリと笑う小林一茶。「短絡だよ、俺が茶なんか立てると思うか?」
はぐらかされて対応に迷う捜査官。
とても自分の手に負える人物ではない。一茶を見て捜査官はそう思う。文化人は苦手だ。しかもパルチザンの組織者だという。田舎警察が相手にしてきたような犯罪者ではない。そんな者をどう扱ったらいいか。ここは政治や軍事の出番だろうと思うが、自分の立場で上申できるようなことなのか。
それに上申書なんて、悔い改めたやつが書くか、悔いたふりをして書くものだし、自分は日本の警察官として恥ずかしくない生き方をしてきたし、なによりも文章なんか書けないし…。
ぐずぐずする考えているうちに襲いかかるローラーカー。捜査官はのし餅。

そしてまたも信州でパルチザン発生の報。
駆けつける新手の捜査官。
「三度目は喜劇かね、惨劇かね」
凶悪化する小林一茶。