Magazine Oi!
2016-10-10
体育系の学生に護衛される夢
今朝の夢。
病院内の通路を歩いていて、十字路に差しかかる。
交差する通路の左から右へ人の流れができている。どの人もこちらに顔と身体を向けてカニ歩き。
中に学生服の男たちが混じっている。体育系の学生らしく、背が高くて頑丈そう。
学生たちは一人ずつ流れを抜け、こちらにやってきて私の脇や後ろに並ぶ。私を護衛するかのようだ。
背後のスペースがいっぱいになってしまう。それでも学生たちはやってくる。
私の前に立った学生が手話で何かを説明してくれるが、私は手話がわからない。
人の流れも学生らの動きも、全体に人形振り。

謎解き。
権力志向の現れだろうか。
私は権力欲とか支配欲とか薄いはずだが、夢の中では学生たちを率いる意欲みたいのがあり、意外に思う。自分がリーダーシップを取る気になっているのが心地よい。大人になったということ?
手話で話しかけられたわけは見当がつかない。
病院のイメージは防衛医大。すると学生らは防大生か。
人形振りの元は、リチャード・ブローティガン『ロンメル進軍』邦訳版の表紙か。