to top page
2017-08-10
魚は死ぬる
村の娘が釣りをしている。
釣った魚を針からはずして地に投げる。
魚は死ぬる。
ぴんと跳ね上がって、ぱたりと落ちて死ぬる。
すると貴婦人が、
「おやまあ」
これは都会から来た貴婦人です。
避暑で来ているのです。
どうしてあの魚はまだ生きている身でありながら、
死なねばならないのでしょうか。
そういううちにも、また釣り上げられて、
「おやまあ」
ぱたりと落ちて、また死ぬる。