Magazine Oi!
2008-07-28
ジキルとハイド
幼い頃のジキルとハイド。
ジキル博士の乗った乳母車を
ハイド氏が押している。
「そんな昔から二重だったのか」
と、私は思う。
そう考えながら眺めている私を含めると、
事態は何重構造になるか。
さらに考えてみたいのだが、
計算方法がわからない。