Magazine Oi!
2010-08-17
今が昔
わたしは昭和生まれなので未だに平成が馴染まない。夏が来ると昭和っぽいような気がして落ち着く。冬は平成っぽい。自分でも何を言ってるのかわからない。
- Twitter / 箱詰人形

いいなあ、このクソ暑さ。
藤田敏八の『八月の濡れた砂』で
母親の愛人を怒らせて、その手下に袋叩きにされた村野武範が
ようやく傷が癒えて外出しようと、玄関を一歩出たところに
叩きつけるような真夏の陽光。
思わずよろける村野。
そんな場面があったが、そんな感じの日差し。
クソ暑い夏の「今が昔」感。