to top page
トマトは種を抜いてから食え
なんて今ごろ教えられても
すでにトマトは、腹の中で芽を出して
根も張って、とっくに手遅れ
- トマト男
2016-08-28
山高帽

- 山高帽 - Google 検索

元々は乗馬用の帽子であるが、上流階級が被るシルクハットと労働者階級が被るフェルト製ソフトハットの中間的な帽子として街中で被る人達が増え始め、19世紀末にイギリスで人気がピークに達した。その後、チャーリー・チャップリン等の映画の登場人物や多数の著名人に愛用されたこともあり世界中に普及したが、イギリスでは1960年頃には廃れてしまった。
- 山高帽 - Wikipedia


- ベニート・ムッソリーニ - Wikipedia

1943年、幽閉先のホテルからドイツ軍によって救出されたムッソリーニ。帽子は上の検索結果の真ん中のものに似ているが、丈が低いように見え、つばの縁が平たい(カールしてない)。時代による違いか、地域による違いか。そのころのローマやイタリアの写真を見ると、中折れ帽やハンチング(flat cap)みたいのが多い。

イタリアのボルサリーノ製品が有名で、1900年頃には75万個が製造され、半数以上が外国に輸出された。
- 中折れ帽 - Wikipedia

The style can be traced back to the 14th century in Northern England and parts of Southern Italy[citation needed],
- Flat cap - Wikipedia, the free encyclopedia