to top page
トマトは種を抜いてから食え
なんて今ごろ教えられても
すでにトマトは、腹の中で芽を出して
根も張って、とっくに手遅れ
- トマト男
2017-03-29
風の又三郎
ディスクを調べていたら、こんな断片が出てきた。

武器商人が呼んでいる
誰を呼んでるの
風をだよ
小学校の学芸会で
どっどどどどうど
どっどどどどう
ガラスのマントを着せられて
風を呼んでたやつ

もしかして、これはランボー+宮沢賢治?

帰って来たのか、あいつが
武器商人になって

風の又三郎が武器商人になって帰ってくるって、ランボーを介さないと思いつきそうもない。
憶えはないが、たぶんランボーを意識していたのだろう。

ついでだから、ランボーと宮沢賢治の生涯を Wikipedia でざっとながめてみた。
するとランボーの生没は、1854年10月20日 - 1891年11月10日。
宮沢賢治は、1896年8月27日 - 1933年9月21日。
どちらも37歳と20日余りで死んでいる。だからといって、因果めいたことを言い出したら言い過ぎだが。