top page
2020-01-22
何のための作為か、「血かたびら」の平城天皇像
平城天皇が即位した大同元年は、日照りも水害もなく、民は腹を叩いて豊年を楽しんだ――と上田秋成の「血かたびら」は言うが、これは史書の伝えと逆。史書には、日照り、水害、凶作、疫病の記事が頻出する。
平城天皇は「善柔」の性格であった、すなわち善良で柔弱だった――とするが、これも伝えと正反対で、史書からうかがえる平城は、智謀があり、疑い深く、狭量という。(日野龍夫「秋成の歴史意識」)

平城は在位3年で弟(嵯峨天皇)に位を譲り、奈良に引退する。
侍臣の藤原仲成とその妹薬子は平城の復位を企てて兵を挙げるが、仲成は首を取られて梟首され、薬子も切られて死ぬ。
薬子の血がふりかかった几帳はぬれぬれと乾かず、若者が弓で射ても通らず、剣で撃てば刃が欠けた。これが「血かたびら」という題名の由来。
兄妹の死因にも秋成の作為があり、史書では仲成は射殺され、薬子は毒をあおいで自死。
挙兵のことを平城は知らず、ただ「あやまりつ」とだけ言って出家した。

上田秋成は故意に史実を錯乱させて、歴史を書き換える。
『春雨物語』冒頭の「血かたびら」もその一つ。
秋成が歴史の天使であったとしてだが、彼は誰を救おうとしたか。
タイトルからすれば薬子が救済の対象だが、作中で終始同情的に描かれているのは平城天皇。
けれども、同情に値する「善柔」の人物像は、秋成が偽りを自覚して造形したもの。
2020-01-18
歴史の毒と物語の毒
どちらの歴史作法も虚構を手段とする点で、上田秋成とベンヤミンは似ている。
両者の違いは、ベンヤミンが自身を歴史的唯物論の陣営に位置づけながら、歴史を虚構によって書き換えようとするのに対し、秋成は自身の作法が虚構であることを自覚し、表明もしていること。

上田秋成の歌論的掌編「うたのほまれ」を論じて、野口武彦いわく、

歴史という毒を制するもう一つの毒、すなわち物語の毒 ――野口「歴史の落丁と物語の乱丁」

関連記事: どうせ歴史は落丁だらけ、それならば
2020-01-15
「卑怯未練」な救世主
源義経が衣川の館に囲まれたとき、弁慶ら10騎は奮戦して主君に殉じたが、常陸坊海尊ら11人は朝から近くの山寺を拝みに行って、それきりもどってこなかった。――
と『義経記』は伝えるが、この伝えを誰が伝えたか。
義経方は全滅したのに、何者が海尊らの不在あるいは逃亡を伝えたか。

論理的には、彼ら自身が伝えたと考えるしかない。

海尊 いや、面目もねえ身の果てじゃ。まんず聞いて下されえ。この常陸坊海尊は、臆病至極の卑怯者じゃった。衣川の合戦の折り、このわすは主君義経公をば見捨て、わが身の命が惜すいばっかりに、戦場をば逃げ出すてすもうたのです。いくさがおそろすうてかなわん。死ぬことがおそろすうてかなわん。それでわすは義経公を裏切り、命からがら逃げ失せたのじゃ。
おばば やあれ、恥ず知らずのことをばのう。そらアこの上もねえ卑怯未練というもんす。
海尊 わすは、逃げ失せはすたものの、ああ! 済まねえことをばすた、わりいことをばすたと、われとわが身を悔んでおるすが、どうにもならねえのは、われとわが罪深え心のありようじゃ。わすはそん時から七百五十年、おのれが罪に涙をば流すつづけ、かように罪をば懺悔すながら、町々村々をさまようておるす。
――秋元松代『常陸坊海尊』

中央に負け、関東に負け、西国に負け、と有史以来負けつづけに負けつづけてきた東北なら、これらの敗北を「卑怯未練」な個人の罪として個人が引き受ける心性があっても不思議ではない。秋元松代の戯曲『常陸坊海尊』は、そのような人物を東亜・太平洋戦争の行き詰まりを背景に造形し、第2、第3の海尊――じつは救世主でもある――を作り出すメカニズムを示してみせた。おぞましいメカニズムなのだが。
2020-01-09
ワシントン将軍の黒人従者
ワシントン将軍の忠実な従者として広く知られた黒人ジョージは、1809年、ヴァージニア州リッチモンドで死んだ。
ワシントンの死から10年目であった。享年95歳。
当時の『ボストン・ガゼット』紙によると、ジョージは死の数分前まで知力も記憶も確かで、ワシントンの大統領2期目の就任式に居合わせたこと、また葬儀にも列席したこと、その他の著名な出来事についてはっきり覚えていた。

それからしばらくジョージに関する話題はとぎれるが、1825年に至り、今度はジョージア州メーコンで死去。
フィラデルフィアの某紙の伝えたところでは、95歳であった。死の数時間前まで彼は知的能力を十全に保ち、ワシントンの大統領第2期就任式、その死と埋葬、コーンウォリスの降伏、トレントンの戦い、ヴァリー・フォージの苦難などを明確に想起できた。

5年後の1830年7月4日の独立記念日、ジョージは当日の演壇に登って紹介され、1834年、1836年の記念日にも登壇したが、1840年にセントルイスの滞在先で死去した。
彼の死を伝えた地元紙によると、享年95歳、死の時まで知的能力は十全で、ワシントンに関する主要なできごとから演説の内容まで、すべて生々しく記憶していた。

その後10年あまり、ジョージはアメリカ各地の独立記念日式典に登場して、演壇で紹介されたが、1855年にカリフォルニアのダッチ・フラットで死んだ。地元の各紙は「老雄、また一人去る」などとして彼の死を報じ、95歳の最期まで記憶が衰えることはなかったと伝えた。

ジョージが最後に死んだのは1864年、デトロイトにおいて。
ミシガン州の各紙は、それまでの報道と同様、彼の記憶が95歳で死ぬまで衰えなかったこと、ワシントンに関する主要なできごとを鮮明に記憶していたことなどを伝えた。

「ワシントン将軍の黒人従者――伝記的素描」(1868年)はマーク・トウェインの短編。
ジョージの死がいつも95歳であるのは怪しい、と作者。たしかに怪しくはある。
また、ジョージの鮮明に記憶している最も古いできごとが、1620年、メイフラワー号のピルグリム上陸であることから、死去時の年齢は260歳から270歳と考えられる、とも指摘。
さらに付記して言うには、私トウェインはこの老いぼれペテン師が先日アーカンソーで死んだことを知った、と。ワシントンの黒人従者の遺体には飽きあきした。もうやめようではないか。――

ジョージなる人物はマーク・トウェインのまったくの創作なのか、それともモデルがあったのか。
モデルはあったろう。歴史をみずからの体験として語る者はいつの時代にもいる。

類似記事: 天使としての常陸坊海尊
2019-12-27
妹の出所
妹の夢を見た。
荷車に戸板を2枚載せて彼女が帰ってくる。
泣き出しそうな顔。
ゴミ置き場に置いてこようとして拒否されたのだという。
「ばかだなあ」と自分が引き取って、ノコギリで8枚ずつに切り分ける。
それらを重ねて紐でしばり、両手で下げてゴミ置き場に向かう。妹が引いてきた荷車を使えばよさそうなものだが、荷車は見当たらない。夢の中だから、そのへんはでたらめ。

自分に妹はいない。なのにそんな夢を見たのは、寝る前にマックス・エルンストの詩画集『百頭女』をながめていたため――と夢を思い返していて気付く。

大気より軽やかで、力強く、孤独な――
惑乱、私の妹、百頭女。
[前の記事]