top page
2019-03-20
過去は言語的制作物か
『大森荘蔵著作集』第八巻から抜き書き。

「犬が走る」情景は易々想像できるが、「犬が走った」情景を想像したり、絵に描くことはできないだろう。――大森「過去の制作」

想起は想起であって知覚まがいや疑似知覚ではない。海の青さを知覚する、だがそれが青かったことを知覚できるわけはない。鳥が飛んでいる、犬が吠えているのを見たり聞いたりするが、鳥が飛んだ、犬が吠えたのを見たり聞いたりはできはしない。それら過去形を経験するのが想起であって、それは知覚とは全く別種の経験なのである。――同前

かりに言語以前の過去経験があるとしてもそれは形を持たない模糊とした不定形アモルフアスな経験である。それは確定され確認された形を持たない未発の経験でしかあるまい。それが確定された形を備えた過去形の経験になるためには言葉に成ることが必要なのである。そして言葉に成り過去形の経験に成ること、それが想起なのである。逆にいえば、想起される、言語的に想起される、ということによって過去形の経験が成るのであり制作されるのである。――同前

「不定形な経験」、「未発の経験」とは、具体的には?
経験といえる体をなす前の経験、原経験というべき段階の経験のあり方を考えること。

想起は言語的想起であるからこそ過去の意味は色や形や音や味としてではなく動詞の過去形の意味として了解されるのである。――大森「言語的制作としての過去と夢」

過去の一切は想起経験の中にある。「……した」「……だった」という想起そのものが過去を経験することであってそれ以外に過去なるものはない。想起とは以前の経験の二番煎じの経験などではなく、過去の初体験にほかならない。――同前

「動詞の過去形の意味として」とは、言いかえれば、ある出来事が過去において起きた出来事であることを了承するには動詞の過去形によるしかない、ということ。ただし、大森の説くとおり言語によるしかないかについては保留。

もうひとつ保留。
過去は言語的に制作されるものだとする説を述べるさい、大森は本題に先立って「物理学の時間である線型時間」の問題を持ち出し、本論に匹敵するボリュームをあてて線型時間批判を行ってから本題に移るが、この前置きの必要性がわからない。前置きがなくても論は成り立つと思うのだが。
過去を言語的事象と見る説と線型時間批判を結びつける意義は?
2019-03-14
「竹取物語」で読む月までの距離
帝への手紙と不死の薬を残して、かぐや姫は月の世界に帰ってしまう。
手紙と薬を受け取った帝が、近臣を召して、
「どの山が天に近いか」
とたずねると、ひとりが、
「駿河にある山が都にも近く天にも近い」
と奏上したので、帝は駿河に使いを派遣し、その山の頂上で手紙と不死の薬を焼かせた。
その後この山は「富士の山」と命名された。

この「竹取物語」の末尾から、作者や物語の受容層が地上から月までの距離をどの程度に見ていたか、推し量ることができる。


月が中天に達したときの都と月の距離を とする。
同様に富士山頂と月の距離を ' とする。
また富士山の高さを h とすると、これらの関係は = ' + h となる。

竹取物語は帝の内面を描いていないが、何らかのメッセージを煙に託そうとしたのはまちがいなく、都で手紙を焼くより富士山で焼くほうが月の世界からずっとはっきり煙を視認できるとする期待したからには、' を に比べて相当程度小さく見込んだはずである。
では帝は、というより物語の作者や受容層はということだが、' をどの程度小さく見込んだか。 より1割か2割短いというのでは、はるばる使者をつかわす甲斐はない。少なくとも、半分(' = /2)、あるいは3分の1ほど(' = /3)に縮まるのでなければ意味はないから、その前提で h の比を計算すると、
  半分ならば、 = 2h
  3分の1ならば、 = 1.5h
となり、現在知られている富士山の高さ(約4km)を h に代入すると、地上から月への距離は 6〜8km となる。

この 6〜8km という値は生物学者・哲学者のユクスキュルが伝える人間の最遠平面の半径に一致する。
参考: 天球の半径
都合の良い数値で計算した強引な一致だが、月と地球の現実の距離(約40万km)とのオーダーの違い(10万倍)があるからこの強引は許容範囲。「竹取物語」の成立時期とされる平安初期の人々も現代のわれわれと同じスケールで天空を見ていたのである。
2019-03-13
あの月を取ってくれろと子が泣いたわけ
小林一茶の句、

名月をとってくれろと泣く子かな

この句で月が欲しいと泣いた子供は、月を取ることはできないと知りながらぐずったのではなく、取れそうに見えたから欲しがったのだろう。すなわち、幼児における視覚の未発達が生んだ句。
関連記事: 天球の半径

物理学者のエルンスト・マッハが、一般向けの講演会で次のようなことを言っている。卵からかえったばかりの雛鳥は、いちはやく穀粒をついばむなどして、人間よりも成熟した空間認識を持って生まれてくるとわかるが、

人間の方は、生後数カ月たってすら、月をつかもうと手を伸ばす程です

と。マッハ「時間・空間に関する一考察」(野家啓一編訳『時間と空間』所収)より。

一茶の観察範囲だけでなく、西欧のマッハの周辺でも同じことが起きていた。
「幼児は月を取ろうとするものである」
と一般化してもいいのではないか。
2019-03-12
マッハの最遠平面体験
視覚にかんするエルンスト・マッハ(物理学者、1838-1916)の体験。

マッハは子供のころ、汽車で旅行するといつも、物が小さく見える症状に見舞われた。丘、山、建物、人物などが、現実にはそうでないと知りながら、それらとそっくりの小さくて近くにある模型に見えたという。後にはそのようなことはなくなり、意識して症状を再現することもできなくなった。
やはり子供のころの体験。授業中に具合が悪くなって疲れ切ったおり、他の人物が非常に小さく、また非常に遠くにあるように見えた。

2件ともマッハの小論文「計測的空間に対する生理学的空間」(野家啓一編訳『時間と空間』所収)から。
前に見たユクスキュルやヘルムホルツの例(「天球の大きさのこと」)と共通するところが多く、いずれも幼時の体験であり、かつ非日常(病中、病後、旅行中)での出来事。
マッハの回顧では、体調や車中という環境によって空間把握の能力が混乱したり退歩したりしているが、ユクスキュルらのケースと同じく「最遠平面」――天文学でいう「天球」――にかかわる体験と見ていい。

マッハは天空について、同じ小論文で次のようなことを言っている。

直感に素直にしたがう素朴な人々は、天空というものを有限の半径を持つ球と見なしている。古代の天文学者たちも同様。
じつは、視空間の半径は方向によって異なる。
天蓋が扁平であることは、早くプトレマイオスが認め、近代ではオイラーが論じた。
この事実を生理学的に解明する道をひらいたのはゾスで、これが「頭部を基準に測られた視線の高さに依存する」現象であることを実証した。

ゾスとは、Oskar Zoth というオーストリアの生理学者のこと。
2019-03-11
人は天球の外に出られない
先月書いた「天球の大きさのこと」の続き。


天文学では天球の大きさを無限大とするのが普通だが、生理的には天球の半径は 5km から 10km 以内。
上の図はだいたいの下限(5km)を計算するためのもので、その目的の限りでは正しい図だが、観察者の眼の位置 h を地球半径 R の10分の1の長さで描いたため、地球にくらべて天球が大きくなりすぎている。図中に正しい比率で天球を描きこむと、表示デバイスにもよるが、せいぜい芥子粒ほどにしかならない。

われわれの生理的感覚により近いかたちで天球を描くと、次のようになる。


見てのとおり大地は平たい。日常生活でわれわれが大地を球面として意識することはまずない。したがって日常感覚に素直にしたがうなら、天球も平面の上に載った球となる。その大きさは、半径 5km から 10km。太陽や月はこの天球上を東(E)から昇って西(W)に沈む。

ふいに農具を投げ出して男は歩きだす。
どこへ? 夕陽の落ちる彼方(W)に向かって。
それきり男は帰ってこない。
そういうことがロシアの村々、とりわけシベリアではいつも起きている。――
と、そんな話を昔なにかで読んでおぼえがある。
それきり帰ってこないというのなら、村を捨てた男たちは地の果て W を越えて、さらにその先をたどったのか。
じつはその先まで行ってしまったのは確からしいとしても、地の果てを越えてはいない。
というのも、天球の原点 O は具体的なシベリアのどこかに固定されているのではなく、それぞれの農夫、それぞれの個人に属人的で、人が歩けば O もその人とともに移動するから。
このことは視覚を持つ生物ならば人間以外でも同様で、それぞれの個体にそれぞれの天球がある。
[前の記事]