to top page
2018-09-14
マルクス、折口信夫、バクーニン、ブレヒト、四様の浮浪者観、とくにブレヒトの場合
ブレヒト『三文オペラ』の最初のト書き。

乞食は乞食をし、泥棒は泥棒をし、淫売は淫売をしている。
殺人物語の歌手は殺人物語を歌う。

猥雑な繁華街で、乞食、泥棒、淫売が、それぞれのすべきことをしている。
これらは、マルクスの言った「ルンペン・プロレタリア」、折口信夫の言った「ごろつき」と同じカテゴリーに入る者たち。
「殺人物語」はドイツ語のモリタート(Moritat)の訳で、犯罪者の行状などを歌う大道芸。その歌手ならばやはり同じカテゴリーに入る。
要するに登場人物は裏社会の者ばかり、というのが『三文オペラ』。
警視総監も主要人物のひとりだが、警吏が賤業であるかは措くとして、この戯曲の警視総監は故買屋にして乞食ビジネスの元締めであるビーチャムとも、犯罪者の首魁にしてみずからも殺人をいとわないマクヒィスとも付き合いがある。それも敵対関係ではなく、友人として。つまりは、警視総監もふくめて裏世界の物語。

マルクスがルンペン・プロレタリアを嫌悪したことは前に書いた。
- マルクスが浮浪者を憎んだこと

折口信夫のごろつき論も別に紹介した。
- 歴史はごろつき駆動
ごろつきに対する折口の態度はどっちつかず。共感はするが、行動をともにすることはできないといったところ。

無政府主義者のバクーニンは「革命が全て暴力的である必要はない」とするなど、マルクス主義者と異なる主張をしたが、とくにルンペン・プロレタリアに対する態度はマルクスと正反対で、彼らを革命の尖兵と見た。

バクーニンは「下層の人々」に注目し、貧困に苦しむ大勢の被搾取層、いわゆるルンペンプロレタリアートは「ブルジョワ文明による汚染をほとんど受けておらず」、ゆえに「社会革命の火蓋を切り、勝利へと導く」存在であると考えた。(ミハイル・バクーニン - Wikipedia

『三文オペラ』のブレヒトはどう考えていたか。
この戯曲に彼が自註して言うには、盗賊役の俳優は、ブルジョワ的現象として演じるべきである、と。
すなわち、ブルジョワこそが盗賊なのだから、そのことが明らかになるように、盗賊の役はブルジョワ的に演じるべしというのだが、表社会(資本主義社会)の喩えとしての裏社会という意味付けなどしなくても、この作品は成り立つ。欲望がむき出しの裏社会のほうがおもしろい、書いていても楽しい――ということでは、いけなかったのか。
このことは、ブレヒトがマルクスを学ぶ前に書いた『バール』と考え合わせると、いっそうはっきりする。
『バール』の主人公バールは、奪って、犯して、殺してと気のむくままに生きて、あげくのはては野垂れ死ぬ。この野生児についてもブレヒトは、「その本質はブルジョアである」といった意味をあとになって与えているのだが、そんな再解釈が必要だったか。自由に生きたいという人間の――なによりも作者自身の――欲望を対象化した作品ということで足りていると思うのだが。
2018-09-03
後悔でも言い訳でもなく、別の歴史を夢見ること
マルクスの尻ぬぐいはマルクス主義者がやるべきだったのだが、それをしなかったのがマルクス主義者。
軍国日本(あるいはファシズム日本)の尻ぬぐいは当の軍国主義者(あるいはファシスト)がやるべきだったのだが、それをしなかったのが軍国主義者(あるいはファシスト)。
とはいえどこにも酔狂者はいて、勝手に他人の尻ぬぐいをはじめたりはする。

昭和11年(1936年)2月、いわゆる2・26革命起こる。
この武装正規軍による蜂起に呼応して、陸軍少佐大友宮アマヒト親王(大正天皇第5皇子)は弘前の第8師団歩兵31連隊を率いて東京に乗り込み、革命の簒奪に成功するや大嘗祭の儀式を無視して即位。勅令による新元号は「飛鳥」、アマヒトは「天武2世」を名乗る。
これによってヒロヒトの「昭和」は11年で終わり、以後、大日本帝国は天武2世を元首としていただくファシズム国家としての道を歩む。
一方、中国大陸とアジアの情勢打開に苦慮していたコミンテルン(共産主義インターナショナル)は、大陸における日本の強大な軍事力と民族資本の蓄積に着目し、亡命地「満州国」で保護されたヒロヒトを精神的支柱とする「大東亜人民共和国」の構想を第8回大会(1940年)において正式決定する。

かくて2・26から9年後の飛鳥10年(1945年)8月15日、天武2世の大日本帝国敗戦の日。
ここは大東亜人民共和国の未来の首都に擬せられる上海──

以上が佐藤信『ブランキ殺し上海の春』(上海版)の時代設定。
軍国日本の尻ぬぐい。ベンヤミンの用語でいえば救済。
大東亜戦争肯定論のような言い訳ではなく、可能態としての歴史を探ること。『ブランキ殺し』の設定に即していえば、天武2世によって革命を簒奪され大陸に追いやられた2・26反乱の中核が、共産主義勢力と結んで大東亜人民共和国を築くという夢。ヒロヒト天皇を満州に連れ出したのは北一輝だったという。
2018-09-02
歴史はごろつき駆動
ルイ・ナポレオン(ナポレオン3世)のクーデターは、一般的な用語ではボヘミアン──マルクスが好んだ表現ではルンペン・プロレタリア──が引き起こし、彼らによって達成された。
マルクスはそのことを『ルイ・ボナパルトのブリュメール十八日』で明らかにした。

自ら明らかにしたことを、彼は自身の歴史理論にどう生かしたか。
じつは、まったく生かさなかった。
このクーデターの主役がルンペン・プロレタリアであったという事実が、マルクスには気に入らなかった。
なぜ気に入らなかったか。彼の唱える歴史理論から外れるできごとだから気に入らなかった。これについては「マルクスが浮浪者を憎んだこと」で書いた。

理論にあてはまらない事実があったら、理論家はどうすべきか。
まず、その事実がたしかに事実であるかチェックする。
事実であれば、理論を修正する。
すでに理論に反する事実がある。サンプルは一つしかないが、とりあえずこのサンプルから「歴史はルンペン・プロレタリア駆動である」という仮説が作れる。
この仮説を検証するには、この仮説に合うできごとを過去のできごとから探す。
マルクスが「歴史は繰り返す、最初は悲劇として次には笑劇として」と言ったのは『ルイ・ボナパルトのブリュメール十八日』において。だったらまず最初の「悲劇」から──すなわちフランス革命からナポレオン1世の登場までの歴史から──検討するのはどうか。その時期にもマルクスの言うルンペン・プロレタリア的人物が活躍したのではあるまいか。
じっさいにマルクスがしたことは、最初の「悲劇」を調べるかわりに、次の「笑劇」の主役であるルンペン・プロレタリアの下劣さをあげつらうこと。ルイ・ボナパルトのクーデターを歴史の例外的なできごとと見なし、いずれ失敗に終わるだろうとして、自身の歴史理論の傷を最小限におさえること。そういうことにマルクスは力をそそいでしまった。

以下の例は日本史から。
材料はすべて折口信夫「ごろつきの話」によった。うかれ人、ほかい人、野ぶし、山ぶし、念仏聖、虚無僧、くぐつ、すり、すっぱ、らっぱ、がんどう(強盗)、博徒、侠客、かぶき者、あぶれ者、町やっこ、舞々・舞太夫、しょろり・そろり、無宿者・無職者、これら無頼ごろつきのバリエーションとして「ごろつきの話」で用いられている語が、マルクスの言うルンペン・プロレタリアにあたると見た。

折口によると、うかれ人(歌舞、偶人劇、売色に従事)とほかい人(祝福芸人)という起原を異にするごろつきが平安末期から入り混じり、社寺勢力の衰退によって社寺のもとから逃げ出した奴隷らも、山伏し・唱門師の態をとって在来の浮浪団体に加わった。
彼らの活動は鎌倉中期から社会の表面でも目立つようになり、さらに鎌倉末期になると「このやりかたをまねる者も現れてきた」という。具体的な名前を折口はあげていないが、佐々木道誉らに代表される婆娑羅ばさらを念頭においてのことだろう。
ごろつきが最も活発に動いたのは戦国末期。
歌舞伎の起原譚に名前の出てくる名古屋山三は、この時期のあばれ者、すなわちかぶき者。山三は幸若舞いの舞太夫だっただろう、と折口は推測している。伝説によると、山三は蒲生氏郷の寵を受けた有名な美少年。おなじく当時の有名な美少年に、豊臣秀次の愛を受けた不破伴作がいる。
伴作も山三と同じくごろつきで、彼らが主君に取り入る手段のひとつが男色であった。

後北条氏を立てた北条早雲の出身は確かではないが、らっぱか。「さらに探ってみると」と付け加えて折口が言うには、山伏あるいは唱門師か、と。
ばさら的・かぶき者的武将の代表に織田信長。
蜂須賀家の祖先小六はらっぱの頭領。
その小六に一時つかえ、後には逆に小六を取り立てた豊臣秀吉も、らっぱ出身ということ。
徳川氏の始祖は放浪の僧。南北朝の新田氏につながる者が遊行派の念仏聖として諸方を流浪したのち、山間の小領主であった松平に婿入りした(この伝承を徳川家は自家の歴史として採用した)。三河の山間に今も多くの芸能が保存されているのは、この地方に徳川とかかわりを持った者が多く、徳川氏の時代になって手厚い保護を受けるようになったから。

徳川初期まで生き残った大名で、傭兵としてごろつきの力を借りなかった者はほとんどいない。徳川氏も同じ。
けれども、関ヶ原戦や大坂冬・夏の陣を経て世の中が落ち着くと、徳川氏や諸大名はごろつきの活動を抑えにかかる。彼らは江戸期を通じて、芸能者、売色業、博徒・侠客、口入れ屋などとして過ごした。

以上が「ごろつきの話」のカバー範囲。話が近世までにとどまっていて、マルクスが考察した近代とは重ならないが、明治維新やその後の自由民権運動、ナショナリズムや社会主義思想の高揚などにまで時代を引き下げてごろつき的人物の活動を調べれば、洋の東西の比較は可能になるし、逆に西洋の歴史を中世に遡ってみれば、折口の列挙したような例が拾えるのではないか、たぶん幾らでも。

仮説: ごろつきが歴史を駆動する

この仮説でまず援用すべき資料・論考は、マルクスは不本意だろうが『ルイ・ボナパルトのブリュメール十八日』。
2018-08-26
「三文オペラ」のタグにつき
そのうち聴くことになる、見ることになるはずのものが Twitter で回ってきた。
クルト・ワイルの「マック・ザ・ナイフ」。
ありがたいことに、日本語字幕付き。





ブレヒトが歌ったのまである。
それにしてもすさまじい巻舌で、語末の R でさえガに濁点。



ところでこの記事に付けるタグをどうするか。
ボヘミアン? ボエーム?
乞食オペラ、三文オペラ、マック・ザ・ナイフを通じて使えるタグにしたいし、マルクスの言うルンペン・プロレタリアとも結び付けたいのだが、ルンペン・プロレタリアでは長すぎる。ルンプロと略したのでは、ただでさえ臭う業界臭がさらに強まってしまう。
いまのところ使っているのは浮浪者だが、路上生活者に限定してしまう嫌いがある。フロウモノとでも読むことにすればどうか。あるいは浮浪人とするとか。
日本語で近そうなのに、のら者、野良者。Wikipedia によれば、「野良」とは野や野原のこと、「のら」とひらがな表記した場合は放蕩のことという。
野良者の外道感は悪くない。ならば外道そのものもありか。
等、考えるも結論に至らず、当面は浮浪者で。
2018-08-24
折口信夫、ルンペン・プロレタリアを歌う
折口信夫「昭和職人歌」の冒頭の一首。題は「さんか」。

 山住みの 心安さよ。
ぬすみ来し 里のカケロも、
  痩せて居にけり

歌集『春のことぶれ』のうち「昭和職人歌」36首で歌われた職人は、さんかのほか、木地屋、教授、軍人、辻碁うち、ゑいとれす(ウェイトレス)、朝鮮人足、失業人、自由労働者(フリーター)、鍛工、怠業工人(サボタージュ中の工場労働者)。歌の数では、失業人8首、自由労働者5首、怠業工人3首などの順。
これらはマルクスの用語をあてればルンペン・プロレタリアにあたる。マルクスが『ルイ・ボナパルトのブリュメール十八日』であげたその顔ぶれは、

浮浪人、元兵士、元懲役囚、徒刑場からにげてきた苦役囚、ぺてん師、香具師、たちん坊、すり、手品師、ばくち打ち、ぜげん、女郎屋の主人、荷かつぎ、文士、風琴ひき、くずひろい、とぎや、いかけや、こじき、一口にいえば、あいまいな、ばらばらの、あちこちになげだされた大衆、フランス人がラ・ボエームとよんでいる連中

ともに浮浪的な階層に言及しながら、折口は共感を示し、マルクスは罵倒した。マルクスがルンペン・プロレタリアを嫌悪した理由は先日の記事「マルクスが浮浪者を憎んだこと」に書いたが、折口の「昭和職人歌」からも補強材料が得られる。
じつは「昭和職人歌」36種のうち最も多く歌われている職人は、怠業工人の3首の直後に10首が置かれている職名のない職人。ただし職名はなくても、詠み手として設定された人物の役割は歌の内容からわかる。

客間のカモ
ナヨに乗りゐる 我が足の
  この幅にすら
當たる銭なき

この人物はストライキ中の工場労働者。その限りではルンペン・プロレタリアではないのだが、行動はマルクスの描くルンペン・プロレタリアのそれを思わせ、マルクスならば間違いなく彼らを憎むことになるだろう。
交渉のため労働者を代表して同僚とともに経営者宅を訪れた彼は、まず客間の敷物に圧倒される。彼の日常の感覚からはずれた厚く柔らかい敷物の上を、おぼつかない足取りで歩みながら感じるのは、ああ、この敷物のうち足の幅ほどの資産も自分にはないのだというやるせなさ。その早すぎる敗北感に追い打ちをかける葉巻とコーヒーの香り。

よろしさは、
 朝のたばこの 葉まきの香。
 つくづくに、
  われを さもし と思ふ

咽喉ノドをそゝるウマし香 立つこうひ。
友も 友も
  今は
 手を伸べて

葉巻の香りはただ部屋にただよっていただけか。それとも彼と同僚らは葉巻をすすめられたのか。そして、一人、二人は差し出された葉巻に手を出したのか。
やがてコーヒーが運ばれ、これには全員が手を伸ばす。
交渉を前に握手を求める経営者。
その腕はふくよかで、手はみずみずしい。

ニンの怨み負ふ顔か。
 この顔が。
つくづくに
見れど、
  朗らなりけり

自分より若い主人のおおらかな存在感と広い見識に気圧された彼は、かろうじて、「階級に上下はない、資本家と労働者は対等だ」といった意味のことを吃りながら言うが、ただ強がってみせただけとの自覚はある。結局、体躯、容貌、資産、見識、弁舌、なにもかも及ばない相手との交渉でできたことは、泣きながら妻子の窮状を訴えることのみ。

 くやしくも 涙ながれぬ。
  あわれよ
   と、妻子メコのうへ言ふ
若き人の前に

ストライキ中の労働者に仮託してつくられた10首はここまで。
労使の交渉の結果は歌われていないが、想像はつく。労働者側の嘆願と経営者側の慈悲というあたりで交渉は決着したに違いない。プロレタリア側の戦線にいるべき層に属しながら、ブルジョワに取り込まれる者をマルクスはルンペン・プロレタリアと呼んだ。

「昭和職人歌」の締めくくりは、単独に置かれた次の一首。

 旗じるし いふことをやめよ。
我どちは、
 おのがオモすら
  血もて塗りたり

職人名はない。他者のための代弁にあらず、折口自身の意志の表明だろう。
[前の記事]