top page
2019-06-16
「港に着いた黒んぼ」の永劫回帰
わたしが捨てた道を別のわたしが歩いている。――これがブランキの述べた永劫回帰の基本型。宇宙の事物は限りなくこの基本型を繰り返し、ヴァリエーションを生みながら絶えず現在に回帰してくる。

姉は16か17、盲目の弟は10歳ほど。
どちらも美しい。
港の一角で弟は笛を吹き、姉はそれにあわせて歌い、踊り、日が暮れるころどこかへ帰っていく。
ある日、町の大尽の使いがやってきて、姉を大尽邸に招く。
姉は目の見えない弟と離れるのをいやがるが、町の有力者の招きをことわりきれず、弟を残して迎えの馬車に乗る。
夜になって姉がもどると、港に弟の姿はない。
以上が小川未明の童話「港に着いた黒んぼ」終盤までのおおよそ。
この時点で読者は弟がいなくなった経緯を知っているが、姉は知らない。
残りのストーリーは、姉のための部分的謎解き。

姉は弟を探しつづけるが見つからない。
そんなある日、外国航路の船から降りた「小人こびとのように背の低い黒んぼ」が姉に話しかける。
「あなたは南の島で歌を歌っていた娘さんではありませんか」
聞けば、その黒人があとにしてきた島で、その娘は盲目の少年の吹く笛にあわせて踊っていたという。そしてその娘は、衣装も姿もあなたにそっくりなのだと。
だがわたしは南の島へ行ったことなどはない。まして、黒人に先回りしてこちらの港に帰ってくることなどできるわけもない。
「もう一人この世には自分というものがあって、その自分はわたしよりももっと親切な、もっと善良な自分なのであろう。その自分が、弟を連れていってしまったのだ」
姉は胸が張り裂けそうになりながらも、事態をそのように了解する。

弟を捨てたわたしとは別に、弟を捨てなかったわたしがいて、そのわたしが今は南の島で弟の笛にあわせて踊っている。
ぴったり永劫回帰の基本型ではないか。
永劫回帰とは救済の願いのこめられた概念のはず。
じっさい、いったんは姉に捨てられた弟が、じつは救われて南の島に姉とともにいる。
永劫回帰の概念においてはさらにだいじなことだが、弟を捨てたわたしも幾分かは救われている。なにしろ、この世にはわたしよりもっと善良なわたしもいて、今も弟と手を取りあって暮らしているのだから。何よりも、弟は無事に生きているのだから。
2019-06-15
わたしにおいて捨てられた道を別のわたしが歩いていること
トーロー要塞の牢獄でつづった『天体による永遠』の中で、ブランキ曰く。

人は何でも行き当たりばったりに、または自由意志で選択できるが、宿命を逃れることはできない。ところがその宿命も、無限の中には足場を築くことができない。

解釈すると、――
人は意図するにしろしないにしろ、自らの行為を自分で選択する。すなわち人は自由である。
けれども、最終的には宿命をまぬがれない。すなわち人は自由ではない。
いったい人は自由なのか、自由ではないのか。ブランキはどちらだと言おうとしたのか。
自由だと言おうとしたのだろう。
人の側から宿命の側に立場を変えていえば、彼=宿命も気ままに人を縛れるわけではない。なぜなら、彼も「無限の中に足場を築くこと」はできないからで、――

無限には二者択一がなく、いたる所に場所が取れるからである。一つの地球があって、そこでは一人の人間が、他の地球で他の瓜二つ人間によって見捨てられた道を歩いている。彼の人生は天体ごとに二分される。そして、二度目、三度目の分岐を行ない、何千回も分岐する。彼はそのようにして、完全に瓜二つの自分と無数の瓜二つの変種ヴァリアントを持つことになる。この変種ヴァリアントの方は、彼の人格を絶えず増殖させ、再現するけれども、彼の運命の切れっ端しか獲得できない。この地上で我々がなりえたであろうすべてのことは、どこか他の場所で我々がそうなっていることである。無数の地球上に存在する、誕生から死までの我々の一生のほかにも、他の何万という異なる版の我々の一生があるのである。 ――浜本正文訳『天体による永遠』

人は自身の運命の「切れっ端」しか獲得できない。
他方で、人は彼がなりえたであろうすべてのことについて、「どこか他の場所でそうなっている」ともブランキは言う。「見捨てられた道」をわたしと瓜二つのわたしが歩いているのだ、と。
2019-06-09
エンゲルスが種間闘争を好み種内闘争を嫌ったこと
エンゲルスはダーウィンの進化論を高く評価したが、それは生物が進化するものであるとの主張に対してであって、進化のメカニズムである生存闘争については否定的だった。細かくいえば、エンゲルスは異なる種間の闘争を好み、同一種内での闘争を嫌悪した。以下の引用は、『マルクス=エンゲルス全集』第20巻(大月書店)から。

経済学者たちが最高の歴史的偉業として賛美している自由競争、生存闘争が、動物界では正常な状態であることをダーウィンが立証したとき、彼は自分が書いたものが人間にたいして、またとくに自分の同国人にたいして、どんなに辛辣な諷刺となっているかを知らなかったのであった。 ――『自然の弁証法』「序論」

生存闘争についてのダーウィンの全学説は、ホッブスの「万人の万人に対する闘争」と競争についてのブルジョア経済学説、それにマルサスの人口論を、たんに社会から生物界に移しいれたにすぎない。 ――『自然の弁証法』「生物学」

歴史を一連の階級闘争としてとらえる歴史観のほうが、歴史をわずかずつしか差異のない生存闘争の諸局面にたんに還元してしまうことよりは、はるかに内容に富み、はるかに深い。 ――同前

種間か種内かによって好悪が別れるのは、マルクスが階級間の闘争を至上の歴史メカニズムとして――さらには歴史そのものとして――肯定する一方、階級内の闘争を嫌悪したことと相似。

関連記事: マルクスが浮浪者を憎んだこと
2019-06-08
音に容積のあること
どのような感覚にも一定の空間性が付帯している。
したがって感覚の容積について語りうる。
灼熱した面や照らし出された部屋などの印象を、空間の具現化と呼ぶことができる。
音響は非空間的な感覚の例として挙げられるのが通例だが、低い音は高い音より容積が大きく感じられる。
不完全であるにせよ音源の位置確定が可能であることから、音響感覚と空間感覚との間にも関係のあることがわかる。
音源の位置確定は、主として――小さな容積とはっきり定まった場所を持つ――高音の媒介によってなされる。

などのことを、先人の説や自身の体験からエルンスト・マッハが言っている(野家啓一編訳『時間と空間』所収「計測的空間に対する生理学的空間」)。音響に容積という属性を見たのがおもしろい。音源の位置確定に関することなどとあわせて、わりに容易に理論化できるのではないか。
2019-06-06
永劫回帰を察知した犬の振る舞い
前にも引いた箇所だが、犬は盗人と幽霊の存在を疑わないとニーチェが言っている。
いや、言ったのはツァラトゥストラか。
いずれにしろ、わたしはふいに犬が吠えるのを聞いた。

わたしの思い出は過去にさかのぼった。そうだ! こどものころ、遠い遠い昔に、
――いつか、犬がこんなふうに吠えるのを、わたしは聞いた。毛をさかだて、頭をそらせ、身をふるわせて吠えたてる犬のすがたを見た。深夜の静寂のきわみには、犬も幽霊を信じるというが、
――わたしは憐れをもよおした。ちょうど満月が屋上に、死のように黙々とのぼっていた。そのしずかに動かない円盤のかがやき、――それが平たい屋根の上にあった。照らされたわが家はよその家のようだった、――
そのために、犬はあのとき恐怖にかられたのだ。犬は盗人ぬすびとと幽霊の存在を疑わないからである。 ――氷上英廣訳『ツァラトゥストラはこう言った』

盗人も幽霊も仮りの具象。犬はかつて起きたことに向かって吠えている。
あのときの犬も、かつての過去に向かって吠えていたのだ。
ニーチェの作品における永劫回帰というテーマは、『ツァラトゥストラ』のこのあたり(第3部第2節「幻影と謎」)から前景化する。
[前の記事]