Magazine Oi!
トマトは種を抜いてから食え
なんて今ごろ教えられても
すでにトマトは、腹の中で芽を出して
根も張って、とっくに手遅れ
- トマト男
「詩論」 関連記事
17-06-06  リクルートの Text Suggest API でアイデア探し
16-12-07  別居あらため同居または雑居
15-03-03  黄色い兎からのアドバイス
14-04-28  山のふもと術
13-07-11  野原ベース
13-06-16  インスピレーション+ディレイ
13-04-28  自分を物語の中に位置づけること
12-10-25  他人になって書く
12-10-02  ダメな時ほどメタ
12-09-25  プロトタイプ詩法
12-09-19  ナンセンスとノンセンス
12-08-11  青空詩法
12-06-17  一行詩なら書けそうな気が
12-06-17  オウム高橋逮捕の詩
12-06-14  自分とか、思いとか、そんなものは要らない
12-01-28  文学百年の難問
11-12-17  OITEKEBORI
11-12-06  詩法
11-12-03  歌詞の基本は繰り返し
11-12-03  文章作法――最後の一行は削れ
11-11-24  詩としては足りないが歌詞としては足りているということ
11-11-06  作詩術――サンドイッチ法
11-10-17  日本語だった
11-10-06  マンデルブロ体質
11-09-21  これができれば詩は書ける
11-09-18  絵画を文章に書き換えること
11-09-16  赤い雀
11-08-25  ただ詩でしかないもの
11-08-18  いわゆるひとつのなんでもない歌
11-06-25  悲しい詩
11-06-15  機械詩
11-05-15  ポエジー
11-04-27  作詞・作曲の大原理
11-04-09  なんでもない詩が書きたい
08-12-20  ジュラシックモーニング